婦人

ほくろがコンプレックスなら除去治療を受けてみよう

  1. ホーム
  2. 取る前と取った後

取る前と取った後

女性

取る前に行なうことは?

コンプレックスを感じているほくろを除去するとなれば、どのようにして取るのか知りたいでしょう。また、取る前にどういったことを行なえばいいのかなども気になると思います。現代のほくろ除去の主な治療法といえば、炭酸ガスレーザーになります。これは、レーザーを気になるほくろに照射することで細胞を除去できるようになります。治療を行なう時は、局所麻酔を行なうので痛みはほとんど感じません。また、レーザーを照射することで血管を凝固することもできるので、出血することもないとされています。ただ、あまりにも大きなほくろや色の薄いほくろには効果がないとされています。ですから、炭酸ガスレーザーでほくろ除去できなかった場合は、メスを利用した治療になります。メスを利用したほくろ除去は、膨らんでいないほくろだと切開になります。切開することで、増殖したメラニン色素部分を除去できるようになります。膨らんだほくろに対しては、切除する除去方法になります。切除する場合、炭酸ガスレーザーも併せて治療することが多いです。その理由は、切除しただけだとほくろの原因であるメラニン色素の増殖を止めることができないからです。ですから、膨らんだ部分を切除した後はレーザーを照射して原因である要素を取り除けるようにします。そうすれば、綺麗に原因もほくろも除去できるようになります。

取った後のケア

炭酸ガスレーザーでほくろ除去した場合は、ほとんど傷跡が残ることがありません。その理由は、このレーザーは水分に対して反応するようになっているのでほくろの水分を蒸散させて除去するからです。レーザー直後は、赤くなってしまいますが、クリニックで処置してもらったら跡が残ることはないでしょう。メスで切開や切除した場合は、傷跡が残りやすくなります。そのため、アフターケアがとても大切となります。どのようなケアを行なうのかといえば、最近注目されているのは専用のフィルムを貼る前にアンチエイジング効果のあるものを塗布することです。そうすることで、細胞の働きを活発にすることができて肌に負担をかけずに治癒力をアップさせることができます。また、皮膚に必要な成分を塗布することになるので、傷の治りが早く跡も残りやすいのです。アフターケアに関する治療に力を入れているクリニックも増えてきていますので、傷跡を残さずにほくろ除去したいのなら、アフターケアに力を入れているクリニックを探しましょう。ネットで情報を集めれば、簡単に見つけられるようになります。クリニックへ行く前に、どのような方法でほくろ除去するのかを確認して足を運んでみてください。