婦人

ほくろがコンプレックスなら除去治療を受けてみよう

  1. ホーム
  2. 病気と関係あるのか

病気と関係あるのか

医者

病気とは関係あるのか

ほくろは、気付いたら増えていたということが多いものになります。それに、増えてしまうことでコンプレックスを感じやすくなるのも、ほくろの嫌な特徴の一つでしょう。しかし、ほくろとは一体何なのかと考えると具体的に理解していない人が多くみられます。ほくろは、医学的な専門用語でいうと「色素性母斑」または「母斑細胞母斑」になります。これは、母斑細胞というメラニン色素をもっている細胞が増殖したことで発生する良性の皮膚病変になります。そのため、ほくろのほとんどは良性なのであまり気にする必要がないのです。ただ、中には良性腫瘍に似ている皮膚がんとなるほくろが発生することがあります。悪性のほくろの場合は、すぐにでも除去治療をしなければいけません。どのようなものが悪性になるのかといえば、急成長したり、大きくなってきたりするものが悪性黒色腫になるといわれています。これは、メラニン色素を含んだ細胞のメラノサイトが悪性化したことで腫瘍になったものになります。別名ではメラノーマと呼ばれています。これは、非常に悪性度の高い腫瘍になるので、発生すると進行がとても早いことから注意しなければいけません。しかし、国際的にみても羅患率は男女差がほとんどないとされています。ただし、60代から70代などの老年期に発症する確率が高くなる病気です。日本人はあまりならないとされていますが、死亡率が高い病気でもあるので、日頃から自分の体に対する注意がとても大切になります。このように、病気が原因で起こることもあるので、ほくろが増えたなと思ったら少しの間様子を見て大きくなってきたなどの症状が起こったらすぐに病院へ行くようにしましょう。

紫外線が原因で増える

ほくろが増えてしまうとなれば、主な原因は紫外線になります。紫外線によってメラニン色素が増殖してしまい、ほくろという形で皮膚に現れてきます。ですから、紫外線対策をしっかりと行なっておけばほくろを増やさないようにできるでしょう。ほくろを今以上に増やしたくないというのなら、しっかりと対策を行なって気になるほくろは除去治療を受けるようにしてみてください。そうするだけで、自分に自信を持てるようになります。ただ、人によっては上記で紹介した悪性黒色腫ではないかと疑ってしまって、体中にあるほくろが気になって仕方が無いという状況に陥ってしまう人がいます。ですが、ほとんどのほくろは良性ですし、健康被害が起こることもほとんどありません。それに、悪性黒色腫は足の裏にできる確率が高いとされているので、足の裏以外は特に気にしなくてもいいでしょう。足の裏にできている場合は、すぐにでもほくろ除去の治療を受けたほうがいいかもしれません。最近は、病理検査を行なうことで悪性黒色腫かどうかをすぐに結果を出して治療してもらうことができます。どうしても気になるというのなら、病理検査を行なっているクリニックへ足を運んでみるといいでしょう。