鏡を見るといつも気になっていたから…選べるほくろ除去

ほくろがコンプレックスなら除去治療を受けてみよう

除去して綺麗に

カウンセリング

気になるほくろを無くす

ほくろは、人によってチャームポイントとして扱うこともあれば、コンプレックスに感じてしまうことがあります。チャームポイントとして扱えるのなら、特に除去する必要ないと考えるでしょう。しかし、コンプレックスとして感じてしまっているほくろならすぐさま除去したいと思いますよね。ただ、除去するにしてもどのような方法があるのか、綺麗に除去することができるのかなどたくさんの疑問点を持ってしまうでしょう。そういった人に向けて、ここではほくろ除去の治療方法について説明していきます。

どこで受けるのか

ほくろ除去の治療を受けるとなれば、専門的な技術や機器が必要になります。そのため、医療機関で治療を受けなければいけません。どういった医療機関で受けられるのかといえば、皮膚科や美容外科になります。ほくろは、基本的に良性病変のことが多いので健康被害はないとされています。そのため、コンプレックスを感じていて除去するとなれば、美容的な観点からほくろ除去を行なうことになるので美容外科に出向くことは多くなってきています。これまでのほくろ除去の治療は、メスを用いて切開する方法が一般的でした。しかし、美容外科などでは医学的な進歩のかいもあり、さまざまな除去方法が登場してきています。ですから、美容外科などへほくろ除去の相談にいけば適した治療方法を提案してもらうことができます。ただ、美容外科などによって用意している機器が異なることがあります。事前にどういった機器や治療を行なっているのか確認した上で、クリニックへ足を運ぶようにしたほうがいいでしょう。

さまざまな治療方法

ほくろ除去の方法としては、軽度と重度によって異なります。軽度のものだとほくろクリームを用いて行ないます。ほくろクリームは、美容外科などのクリニックで処方してもらうのではなく、ドラッグストアなどで購入して自分で塗布していき治していく民間療法になります。これは、1週間から2週間ほどでかさぶたのようにぽろっと取ることができます。ですから、小さくてあまり目立たないほくろならこのクリームを活用したほうがいいかもしれません。ですが、クリームの効果を期待できなかったら美容外科などのほくろ除去の治療を受けるのがいいでしょう。クリニックで受けられる治療方法とは、電気メス、レーザー、切開などがあります。この中でも今、最も利用されている治療があります。それは、レーザーを用いたほくろ除去です。レーザーを照射することで、瞬時にほくろが取れるようになります。また、局所麻酔を行なった上で除去しますし、出血もレーザーの作用によって凝固されるので出ることはありません。アフターケアも凄く簡単で跡も残りにくいことから、今ではさまざまなクリニックでほくろ除去をするのならレーザーを活用しているところが増えてきています。

クリニックの選び方

ウーマン

ほくろの除去治療を受けるとなれば、クリニック探しをまず行なわないといけません。どのようにしてクリニックを選べばいいのかということを知っておけば、予約もスムーズに行えるのでご紹介します。

病気と関係あるのか

医者

よくほくろができると病気の予兆だという人がいます。確かに、ほくろによっては悪性のものもあるのでそういわれても仕方が無いでしょう。ですから、気になるほくろがあったら除去治療を受けることを検討したほうがいいかもしれません。

取る前と取った後

女性

ほくろの除去治療を受けるとなれば、取る前と取った後の違いについて知りたいでしょう。また、取った後はどのようなケアを行なえばいいのかと知りたいと思うのでご紹介します。